6/6ニセコアンヌプリ&6/8積丹岳

ニセコアンヌプリ森林限界直前から頂上を望む

6/2成田・千歳、6/9千歳・成田のピーチエア往復1人17,700円で女房とファミリーレンタカー(8日間27,900円)で苫小牧1泊、函館2泊、小樽4泊。

6/6(日)06:30小樽発。08:30五色温泉登山口駐車場発。曇り。7℃前後。上部は霧でやや強風。風のおかげでアブは少ない。日曜なので結構ハイキングの人がいた。わかりやすい登山道を2時間強登り、10:45ニセコアンヌプリ1300m頂上。避難小屋を風よけにして昼食。13:30同駐車場着。15:30小樽着。

6/7(月)小樽から2時間ほどの神威岬を駐車場から往復1時間ハイキング。帰りに小樽クライマーの岩ゲレンデのある赤岩駐車場に寄る。平日なのに結構いた。お寺の先の3台駐車場に車を止めて土道を歩いたが車でも行ける。

6/8(火)05:30小樽発。積丹町を抜けて積丹岳登山口という小さな看板のある農家を左折し、車1台でぎりぎりぎの狭い土道を行き、07:30積丹岳無人休憩小屋駐車場。水場とトイレあり。晴れ。10℃前後。風は殆どなし。既に十数台駐車。8割がタケノコ取りの人で、みな携帯蚊取り線香と電池式サイレン持参。登山道にサイレンを置き、藪から音を目指して戻るそうな。登山者4組。我々以外は、みな携帯蚊取持参。ここが標高400mの3合目。8合目までは緩やかな荒れた登山道。とにかく小虫(たぶんアブのこども)が多い。タオルで払いながら進み、立って休憩するほかなし。アブとの闘い。8合目からは迷いやすい雪渓多数あり。渡り終えると登山道発見が大変。11:45積丹岳1255m頂上。ここは風もありアブもいない天国。神威岬がよく見える。下りは午後のためか、ほどんどアブがいない。15:15同駐車場着。17:30小樽着。女房は手袋の下からもぐりこんだアブに数か所、私は首の後ろを喰われていた。

雪渓や白樺の森雲動く

酒井そうた

積丹岳9合目雪渓
積丹岳頂上

前の記事

5/1~2涸沢春合宿

次の記事

7/25谷川岳新着!!