11/23丹沢 書策新道

2018年11月23日、表丹沢の書策新道へ行ってきました。
0600津田沼駅―0630西船橋駅―1200スタートー1405書策小屋―1440行者ヶ岳―1500烏尾山―1615林道

夜明け前に船橋を出発したものの、東名高速、下道ともに大渋滞で戸沢出合の駐車場に到着したのは12時。雲が広がり始める中、メンバー5人が1列になってルートへ突入。

右手に沢の音を聞きながら高度を挙げると、最初の注意箇所に。崩落箇所には下降、トラバース用にそれぞれロープが張られていたが、トラロープのため足場を確かめながら慎重に通過する。

本谷沢上部で小休憩。

 

 

 

踏み跡がしっかりあるが、傾斜や道幅が狭い箇所もあり、テープを確認しながら慎重に進む。
セドノ沢左俣をトラバースすると3つ目の涸れ沢に当たり、沢中を通って高度を上げる。
右に分かれるテープがあり、尾根筋に向けて詰めると、書策小屋跡地に辿り着く。

 

 

雲がさらに広がり風も出てきたが、日差しがないため寒い。スマホがダウンするトラブルもあり、起動するスマホから経過報告を入れて早々に烏尾山方面に下る。

 

 

 

 

 

 

15時、烏尾山で小休憩。ここから仲尾根を辿って戸沢出合まで下る。
踏み跡は明瞭だが、ところどころ砂地の傾斜面があり踏ん張りを効かせる。16時、戸沢駐車場着。