6/3 奥秩父・二子山 中央稜ルート

2018年6月3日(日)早朝発 奥秩父・二子山
西岳・中央稜ルート(5ピッチ)

5:00津田沼集合、首都高速―関越道経由で7:45二子山登山口駐車場着
帰りは延伸開通直後の外環道(三郷〜市川北)経由で帰葉

全国連盟のKさんと一緒に3人づつの2グループに分かれて登攀。
A班は1p目をAさん、Nさん、Uさんの順で凹状のフェイスから取付き。
バンドを右へ、ピナクルテラスでピッチを切る。

B班はKさん、Hさん、Oさんの順で無名クラックから取付き。2pを凹状から登る。
ここまではナチュラルプロテクション。Kさんがセットしたカムやナッツがしっかり効いていて、
難しいカンテも何とか乗り越えた。

3p核心部、凹角の登り出し、レイバックで登る。

 

4p、Uさんがトップ、かなりロープがのびている。
このあたりから石灰岩の細かな石が目立つようになり、浮石も多い。

狭いバンドを右へトラバースする場面があり、ランナウト気味のところを登る。

4p目のアンカーは足場の浮石が多く、テラスも狭いため、ボルトと立木、岩でそれぞれセルフを取る。

最後の5p目、B班は頂上直下のクラックは奥行きがありながら上部は外に張り出している。
Kさん、Oさんはまっすぐに登る。Hはやむなくトラバースした。

1日通して天気も良く、昼過ぎからは日差しが強くなったが、
個々人難しい箇所は無理をせず全体的に安定して登ることができた。

H・M記