2/8~9タカマタギ雪山訓練

メンバー:9名
2/7(金)工大前21:00と22:00の2台で出発。トンネルを抜けると雪。24:30土樽着。一晩中雪。
2/8(土)一日中雪。06:30頃ビーコンチェック後土樽発。車道を下ると左側に平標山の道標あり。昨年は雪壁で埋まっていた。トレース無し。わかん装着。ここから入り高速の下をくぐり鉄道の下を横切り林道をしばらく行った所から尾根に取付く。いきな膝りラッセル。しばらく登ると電線が見え電力鉄塔の下に出る。上に行くと腰まで潜るところあり、なかなか進まない。9人全員で交代してラッセル。深いところは先頭がザックを置き空身ラッセル後、あとでザックを取りに下り、最後尾に着く。14:15になったので当初予定の棒立山はあきらめ、途中の樹林帯にテントを張る。ゾンデで測ると積雪2m強だったので、2人用雪洞を掘り、活用。一晩中雪。夜はマイナス十度以下。外は濡れるし寒い。我々以外に登山者なし。
2/9(日)一日中雪。テン場07:00出発。マイナス十数度。70㎝程新雪が積る。まづは棒立山を目指し、交代で膝上ラッセル。なかなか進まない。風も10mほどあり、体感気温はマイナス20℃以下か。休まず進んだが、凍傷の危険もあり09:30頃に断念。引き返す。11:00頃テン場着。竹ペグの上に雪が積もり深く掘らないと出てこない。撤収後11:30頃テン場発。帰りのトレースは全く消えている。交代ラッセルして下る。林道は先に土樽から電車で帰る栗原さんがラッセルしてくれた。15:30頃土樽着。車も雪ダルマ状態。雪雪雪。ラッセルづくしでした。 北関東道・東北道・C3経由で21:40西船着。
上越の魔性の雪に惑わされ
酒井そうた