12/29~31八ヶ岳冬合宿

メンバー:裏同心ルンゼ登攀組3名、硫黄横岳縦走組3名、硫黄組2名、計8名

12/29(木)06:00石川車(石川・酒井・平野)津田沼発、09:00美濃戸口駐車場着。野澤車11:00同駐車場着。電車バス組(有馬・中川)10:58同駐車場着。11:15同駐車場発。曇のち小雪14:45赤岳鉱泉着。テン泊。-7℃程度。夜は結構な雪。夜中に30㎝程積る。八ヶ岳にしては珍らしい。

12/30(金)朝から雪。上部は-13℃程度、十数mの風。縦走組は07:15テン場発。雪だし風もあり視界も無いので硫黄横岳縦走を赤岳往復に変更。地蔵尾根を登る。上部は結構な積雪で、視界も無く、吹雪でトレースも消え、風も強くなってきたので、地蔵の頭でギブアップ。地蔵尾根上部の滑る急斜面を下り、12:20テン場着。登攀組も裏同心ルンゼ下部が雪で埋まっていてF2登攀後、引き返す。硫黄組は朝04:30美濃戸口着の夜行バス。06:00美濃戸口発で11:00頃に赤岳鉱泉テン場着。吹雪のため硫黄岳はギブアップ。かなり早いが皆で13:00頃からナノ・テントに入り、バーナーで暖め、乾杯し食事。かなり早く寝る。雪が降り続きテントから出て入るのが大変。

12/31(土)雪のなか撤収。07:00テン場発。09:50美濃戸口着。10:00頃ここで解散。中央道はすいていた。石川車は13:30津田沼着。

雲動くシラビソの森雪化粧    酒井そうた