1/9〜10日光白根山

メンバー:3名

1/9(日)畠山車で05:00杉川宅、05:30酒井宅。C4から東北道・日光道経由08:45日光湯元バス停駐車場着。いろは坂はチーン無しで走れた。09:10同駐車場発。湯元スキー場チケット売り場は長蛇の列。やっとリフト券(2回分一人600円)を手に第3と第2リフトを乗継ぐ。トレースあり。アイゼン着けて10:30出発。積雪数十センチ。曇り。上部はマイナス10℃以下。結構風あり。急な樹林帯を抜け12:30外山分岐で尾根に出る。10m以上の風。風でトレースが消えた箇所あり。尾根の一番上の真ん中を行く。風が強まりトレースも無いので樹林帯テン泊もオプションだったが、時間的にも余裕があるので、前白根の強風地帯を一気に進み樹林帯に逃げる。前白根は20m近い風。避難小屋への下りは目印はあるが結構なラッセル。15:30避難小屋着。誰もいないので、雪をかぶった土間にステラリッジ4人用を張り、雪を解かしながら、乾杯、食事。19:00には寝る。テント内は快適。

1/10(月)わかん着けて07:00同避難小屋発。晴れ。風も弱まる。トレース全く無し。小屋の先の標識を右に登り樹林帯を抜けると頂上が見える。けっこうなラッセル。途中の大岩でアイゼンに履き替え。わかんデポ地に赤旗を立てる。真ん中雪面は雪崩が怖いので、やや右側の岩地付近を直登。畠山・杉川でうまく膝ラッセルし、岩稜帯に出る。頂上祠を目視し、09:30日光白根頂上。寒いが、最高の眺望。我々のトレースをたどり、10:50同避難小屋着。パッキング後11:15発。トレースを通り登り返し、前白根から外山分岐。雪のついた急斜面の下りは早い。スキー場を歩いて下り15:15同駐車場着。帰りの高速は渋滞無しでスムーズ。18:20浦安着。

寒風の日光白根雲の上

酒井そうた

PS:今回は12/25にgoogle.meet.com で3人テレビ電話を45分程して山行打合せ。メールやりとりより、うまく意思疎通できた。

前の記事

1/2 雪山ハイク赤城山