2018-10-7,8 燕岳~常念岳

行程:10/6 21:30車にて船橋発~翌1:30道の駅安曇野堀金にて車中泊
      (強風の音で殆んど眠れず)
   10/7 しゃくなげの湯に移動し、5:10発中房温泉行きのバスに乗車
       6:30中房温泉~9:15合戦小屋~10:30燕山荘~11:05燕岳~11:20燕山荘~
       15:00大天荘(幕)
       幕営後、大天井岳に足を伸ばす。
   10/8 5:30大天荘~7:50常念小屋~9:15常念岳~10:45常念小屋~13:10一ノ沢登山口
台風が予定より半日早く通り過ぎたため、行くかどうか迷いましたが山行を決行しました。
初日の日中は台風余波の強風でしたが、合戦尾根は樹林帯歩きのためさほど影響は受けませんでした。燕岳からの稜線も風はあるものの、暑さを感じず気持ち良い稜線歩きが出来ました。
合戦尾根は老若男女多くの登山者が登っていましたが、その殆んどが燕山荘宿泊の方で、大天荘まで足を伸ばす登山者は少数でした。
夜間は風の影響で満天の星空が素晴らしかったですが、すこぶる冷え込みました。
2日目、東側はどこまでも広がる雲海、西側は朝焼けに染まる槍・穂高連峰を間近に見、絶景に何度も何度も立ち止まりながら常念小屋を目指しました。
小屋から聳え立つ常念岳をピストンし紅葉を眺めながら一ノ沢登山口に下山しました。(Y.M記)