3/24-3/25 上越柄沢山

上越柄沢山で残雪山行を楽しんできました。
メンバー  4名
天候 晴れ

3/24

清水集落(駐車)発7:40-堰堤9:00-二俣右10:00-10:20幕場10:50-稜線11:15-14:30 柄沢山頂上15:00-幕場16:30
3/25
幕場 7:20-清水集落 9:00
柄沢山は2015年に稜線まで登ったものの、雪の状態が悪く、山頂を踏めなかった山です。リーダーは何度も登られていますが、リベンジ山行におつきあいして頂きました。
23日夜、工大前は小雨。前泊は道の駅 南魚沼
24日、道の駅から1時間で清水集落柄沢橋 に到着。車3台あり。
快晴の中、沢沿いの道を1時間ツボ足で歩き、堰堤辺りでワカン装着。二俣から急斜面を登ると ほどなく快適なテン場が現れました。
テント設営していると、ソロの男性が登ってこられ、そこからは、その男性の踏み跡をたどりながら山頂を目指します。気温が上がり、霧氷がバラバラと雹のように落ちてきました。
稜線に出ると、谷川方面の素晴らしい景色が目の前に。雪庇についたうさぎの足あとと仲良く登ります。
幕場から4時間余りで柄沢山山頂1900mに到着。山頂は上越国境稜線上にあり、尾瀬方面の山々も見渡せます。巻機山まで続く道、いつか歩いてみたいと思いました。
風もなく暖かかったので、30分ほどのんびりと景色を楽しみました。下山は雪が緩まり滑りやすかったので、アイゼン装着です。
     翌日は下山だけなので、温泉営業時間に合わせ、ゆっくり出発。沢沿いの道まで下りると、登山者2名、スキー1名、スノボ1名とすれ違いました。
残雪の山は、暖かくていいなぁと改めて思った2日間でした。
(O.Y記)