9/7~8甲武信岳集中山行 笛吹川東沢釜の沢隊

メンバー:6名
9/7(土)  6:15西沢渓谷P-7:05入渓点-8:00ホラ貝のゴルジュ-8:50山の神-9:15乙女の滝-東のナメ滝-西のナメ滝-10:40釜ノ沢出合11:00-魚留めの滝-11:15千畳のナメ-12:00両門の滝12:25-西俣-1730m幕営地13:40
西沢渓谷遊歩道より東沢分岐を進み、河原で入渓準備。巻道に入ると7月に発生したホラ貝のゴルジュ死亡事故の注意看板が至るところにありました。釜の沢出合まで左右に美しい滝を眺めることが出来ます。魚留の滝の巻道に登る一枚岩で、石川さんにロープを出してもらいました。両門の滝から西俣を進むと幕営適地が多数点在、1730m地点でテント設営。前回参加の石松さんによると、同じ場所だったとのこと。夜は盛大な焚き火を囲み、島田シェフの美味しい料理を堪能しながら楽しく過ごしました。
9/8(日) 幕営地5:50-8:30登山道8:50-9:05水師-千曲川源流ルート分岐9:30-9:50甲武信ヶ岳山頂10:10-10:20甲武信小屋-12:15近丸新道分岐12:30-徳ちゃん新道-14:10登山道入口-14:30駐車場
06時前発。小滝の連続で朝からシャワーをたっぶり浴びましたが、気温高く気持ち良いくらい。最後は沢を素直に登り詰め、水師手前の登山道に出ました。ふかふかの苔が生え、ヤブ漕ぎなしの登りやすい斜面でした。9時50分、待ちかねていた他パーティーの歓迎を受けながら、無事合流することが出来ました。
大澤